脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

トランプ大統領がTPPを離脱したら農業やJAへの影響は?

      2016/11/22

dementia-1750965_960_720

物知り おじさん
う~ん・・・難しい。
ケロ吉
どうしたの?物知りおじさん!
物知り おじさん
いや、ちょっとな。この先のTPPを考えていたところだ。
ケロ吉
えっ、何?TPPが何?
物知り おじさん
う~んッと、そうだな。ちょっと今回はTPPのこれから先の未来について教えよう。
ケロ吉
物知りおじさんって預言者なの?別に興味ないけど聞いてあげるよ!

当選前から数々の発言が波紋を呼び、今では時の人となったトランプ大統領。

発言そのものが過激で日本ではトランプ大統領のTPPの離脱ついての発言が心配視されていましたが・・・

いまいちわからないTPPの問題(笑

一体、トランプ大統領がTPPから離脱したら何がどう影響されるのでしょうか?

ここではトランプ大統領がTPP離脱したら?をテーマに農業やJAにどのような影響があるのか予想してみる事にしました。

スポンサーリンク




トランプ大統領がTPPを離脱したら?

ridatu

トランプ大統領が就任後、日本との交流の中で必ず訪れる問題の1つ、TPP。

TPPを簡単にまとめるなら

関税なしの国内外のモノやサービスの売買の取り決め

になります。

詳しくは下記の記事にまとめていますのでよかったら一緒にお読み頂ければ幸いです。

トランプ大統領でTPPはどうなる?農業へのメリット・デメリットは?

トランプ大統領は現在参加しているTPPについて

「大統領の就任初日に離脱する」

など離脱への動きが強いようです。(今はまだだけど・・・)

もしこれから先、トランプ大統領の力によりアメリカがTPPを離脱するとしたら日本の農業やJAにどのような影響が現れるのでしょうか?

早速、日本目線でアメリカTPP離脱後の農業やJAの今後を予想してみる事にします。

スポンサーリンク




農業への影響を予想してみた

thailand-972473_960_720

まずトランプ大統領が方針でアメリカがTPPを離脱した場合の農業への影響について簡潔に結論から申し上げますと

  • 日本の農業は元気になるかも?
  • アメリカの農作物が高くなる

になります。

あくまで僕個人が思う、予想にすぎませんが・・・

なぜ僕がそう思うのか?について下記から詳しく解説してきたいと思います。

 

TPP合意後の日本農業の衰退中

各国の関税撤廃によるモノやサービスの取引ができる約束をすることを元に始まったTPP。

2013年に日本も合意し、TPPが開始され日本のモノが関税を受けず輸出されるようになり、少しずつ輸出入物の規制が緩和され、万々歳かと思いきや・・・

実際、農業においてのTPPのフタをあけると

農業を主とする農家は減少、衰退している

形となっています。

これはTPP合意国、つまり海外の農産物に安い農作物に市場を奪われ国内での農作物が売れなくなっているということですね。

政府としてはTPP合意後「攻めの農業」を農家に呼びかけ、輸出で稼ぐようにという意味合いが強いわけですが現在の農業を全体でとらえるとその状況に歯止めはかからず、

  • 農業の高齢化
  • 後継者は不足

農業の国内総生産(GDP)は分野により上がっている所もあれば下がっている所もある等とTPP合意が良い結果を生み出しているとは言えません。

ですが、もしこれからアメリカがTPPを離脱を表明するとどうなるのか?

アメリカの農作物には関税がかけられる為、アメリカの農作物が高くなる恐れがあります。

例)TPP合意

アメリカ=バター50円

日本=バター100円

 

例)TPP離脱

アメリカ=バター150円

日本=バター100円

 

となると一部の農作物においては日本の農作物が国内で売れる可能性が高まる訳ですね。

消費者からすると困る訳ですが、日本全体の農業で考えると国内自給率も上がり農家が元気になる可能性が高くなるのではないかと思います。

一部農家においては痛手かもですが・・・(アメリカを主に輸出が好調な農家さん)

 

JAへの影響を予想してみた

stack-of-books-1001655_960_720

では続いてJAへの影響を見ていきましょう。

農業だけでなく、金融に保険などにもビジネス展開しもう何でも任せろな超巨大組織JA。

JAといえば数多くの農家さんがお世話になっている面がありますが、アメリカがTPP離脱を表明すると

JAは間違いなく喜ぶ

になります。

元々JAは関税を撤廃するTPPに反対派でした。

なぜ反対なのか?を簡単に言うならばJAは国内での農家さんの農作物を売買し、収益(中間マージンなど)をあげているのですから・・・

逆に海外の輸入が安くなると国内の農作物が売れずJAは困る訳です。

ですがもし、この先トランプ大統領がTPPを離脱するとJAは逆にラッキー!

アメリカの作物に関税がかけられればアメリカで安い農作物で独占されていた一部の農作物の市場が崩壊します。(乳製品とか)

結果、日本の農作物が売れ、現在の国内自給率が減少に待ったをかける形となり逆に増加するとなるとJAの収入増加もありえるでしょう。

国内で日本の農家さんのそしてJAの農作物が回れば回るほど、JAは儲かる訳ですからアメリカのTPP離脱、そして日本のTPP離脱は喜ばしいことでしょう。

TPPだけでなく、その他にもJAに関する問題点は山ほどありますが今日はこの辺で・・・

 

まとめ

 

今回はトランプ大統領がTPP離脱を表明したと仮定し、農業やJAへの影響をまとめてみました。

最後に簡単にですが、トランプ大統領によるTPP離脱をまとめると

・消費者からすると残念
・日本全体でみるとう~ん
・農家やJAからみると万歳

 

ですね。

全部がいい方向に行けば万々歳なのでしょうけど中々難しいものですね。

あくまで僕が思う一個人の予想にすぎませんが・・・

みなさんのご意見もお待ちしております。

スポンサーリンク

 - 最新!農業速報