脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

青年就農給付金準備型とは?わかりやすく簡単にまとめてみた

      2016/12/13

junbi

物知り おじさん
ケロ吉、青年就農給付金って知ってるか?
ケロ吉
えっ、何それ?お金系って気になる!
物知り おじさん
そうか、知らないか。これは脱サラし農家をするなら
ケロ吉
えぇぇぇ、マジそれ?ねえ詳しく教えてよ!
物知り おじさん
そうだな、今日は青年就農給付金について準備型から解説しよう。

脱サラし農業をするなら知っておきたい国の制度、青年就農給付金。

簡単に言ってしまえば、農業を使用する方をサポートする国の補助金のようなものですが、実はこの青年就農給付金には

  1. 準備型
  2. 経営開始型

と2つのタイプが存在します。

タイプにより受け取る条件や内容も少し異なってきますが、ここでは青年就農給付金準備型についてわかりやすく簡単にを心がけて解説していきます。

スポンサーリンク




青年就農給付金準備型とは?

stack-of-books-1001655_960_720

早速、四の五の言わず本題へいきますと青年就農給付金準備型とはわかりやすく簡単に言ってしまえば、その字のごとく

就農するまでの準備期間にあてられるお金

になります。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、分かりやすい例でいうならば、失業保険や生活保護の農業版のようなものです。

この青年就農給付金準備型には給付を受ける為に様々な条件がありますが、それらの条件をクリアすると最大2年、年150万の給付があてられます。

何ともありがたい、嬉しい制度ですが、

なぜこのようなことを国がするのか?

というと簡単に言ってしまえば、青年への就農に必要な知識や技術を身につけ新規就農者を増やす為です。

脱サラし1から農業をすると言っても農業経験者でない以上

  • 農業技術なし
  • ノウハウなし

とただの素人な訳です。

そんな素人から農業を始めても何をしていいかわからん状態で結果として後悔と失敗がつきまとう可能性が高くなることは言うまでもありません。

その為、脱サラし農業をする場合、就農するまでに農作物を育てる、必要な技術や知識を学ぶとなると

  1. 農家さんのところに修行へ
  2. 農業法人へ就職

をしなければなりません。

当然、個人で修行へ行くとなると雇用はパート扱い、場合によっては給料が出せない農家さんだってあるでしょう。

となるときつくなるのが生活、それをサポートするのが国が用意してくれたありがたい制度、青年就農給付金準備型という訳です。

つまりここまでを簡単にまとめるなら

国「農業をガチするなら給付金でサポートするよ!君は素人かい?それとも経験者かい?」

脱サラA「僕は素人ですけど農業したいです!その為にも作物のことを学びたいです。」

国「よしわかった!じゃあ準備型からスタートだ、頑張れよ」

脱サラA「ありがとうございます。

のようなイメージになります。(かなりザックリですが・・・

つまり青年就農給付金準備型とはガチで農業をしたい青年の為に勉強や経験をさせる為の期間にあてられるお金だと覚えてもらえたらと思います。

 

青年給付金準備型を受け取る為の条件

tes-2

国が農業就農者拡大(食糧自給率UP)の為につくったありがたい制度、青年就農給付金。

脱サラし農業をする方をサポートしてくれる給付金ですが、この給付金は誰もがもらえる訳ではありません。

農業をすることが目的であっても、下記の条件が満たされない場合はもらう事ができない場合があります。

脱サラをする前に、青年給付金準備型を受け取ることができるか?今1度条件を確認してみましょう。

 

その1.45歳未満であり農業経営に意欲があること

青年就農給付金の名前に青年と書いてあるように該当する年齢は45歳未満です!

また農業に従事する事が絶対条件となっています。

年齢がオーバーであり、なんとなく農業をしたい方には給付金申請がされないことを覚えておきましょう。

 

その2.独立・自営就農、雇用就農または親元での就農すること

準備金をクリアする為には農業をやりたい気持ちも大事ですが、

  1. 最初からスタート
  2. 農業での雇用先がある
  3. 親元で就農

の3パターンから方向性を決めなければいけません。

どのパターンで進めるのか?は本人の自由ですが準備型の申請を受けるのであれば、具体的に決めておくことをおすすめします。

 

その3.研修計画が基準に適合していること

準備型が始めるにあたり、就農に必要な知識やスキルを身につける為の研修計画が立てられます。

それらの計画の内容としては

  1. 1年で1200時間以上の研修すること
  2. 農家や法人の要件を満たすこと
    →研修先が研修先として適切
    →研修先が給付対象者のし親族でない
    →過去に雇用契約を締結していない

などのルールがありますが、そこまで厳しい気にする必要はないかと思います。

真面目に取り組む姿勢があれば、問題なし!

ここが1番大事なポイントです。

 

その4.常勤の雇用契約がないこと

正社員や契約社員などの常勤があり、農業をサブという形で捉える場合、準備型の給付金は受けられません。

 

その5.生活保険、求職者支援制度などの重複しないこと

失業中や何らかの形で働けない場合、受け取ることができる支援金ですが、準備型を申請する場合はこれらが、すでにあると申請できません。

こういった国や事業等からの支援金が重複してもらうようなことがあってはならないことを覚えておきましょう。

 

その6.一農ネットに加入すること

これは農林水産省が用意した青年新規就農者と農林水産省を結ぶネットワークの名前です。

メルマガ登録すると

・農林水産省の情報提供
・参加者からの意見収集

 

等を行うことでより農業をやりやすくする為に作られたモノです。

メルマガ登録でOK!

詳しくは農林水産省のHPをみれば、分かりますが準備型をする場合、これら6つの全ての条件をクリアする必要があることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク




ルールを守らなければ返還もある!

note-477449_960_720

青年就農給付金準備型の6つの条件をクリアし年間150万円の給付が受け取れるとなっても安心してはいけません。

もし給付金が受け取れるとなっても研修期間前後で

・適切な研修を行ってない
・45歳未満で就農しない(研修終了後1年以内)
・独立、雇用就農、親元での継続をしない
・親元の場合、5年以内に経営継承しない

 

等が満たされなければ給付金を返還しなければならない時がくるかもしれないのですから。

つまり青年給付金準備型を申請するということは、

  1. 青年に就農する為に必要なスキルや知識を身につける
  2. 必ず就農する(独立、雇用就農、親元)

ことが絶対条件になります。

ただ学んでもらって終わり!では国はただのお人よしでメリットが全くありませんからね。

脱サラし農業を始めるにおいて、青年給付金準備型を申請する場合は、就農する義務がある!つまり引き返せない道に進むことを必ず覚えておきましょう。

 

まとめ

 

今回は青年就農給付金準備型について簡単にまとめてみましたがいかがでしたか。

最後に簡単に青年就農給付金準備型を

・準備型は就農の準備期間をサポートする給付金
・期間は2年、年間150万円給付
・申請すれば就農しなければいけない
・返還もありえる

 

になります。

給付金がなかった昔と比べ現在は給付金により農業への道は比較的に開けてきています。

とてもありがたい給付金ですが、これらはあくまで一時金です。

2年という期間後からが勝負になるのでこの期間にしっかり知識とスキルを身に付け立派な農家を目指しましょう。

スポンサーリンク

 - 新規就農