脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

ビニールハウスをレンタル!知っておきたい賃貸のメリットデメリット

      2016/12/13

ppw_kiiroikabetonankinjyou_tp_v

物知り
おじさん
ケロ吉。実はな、ビニールハウスはなレンタルもできるって知ってるか?
ケロ吉
えっ?ビニールハウスってレンタルできるの?
物知り
おじさん
そうだぞ、今日はビニールハウスのレンタルについて教えるからな。1つのハウス農業のやり方として覚えておくのだぞ。
ケロ吉
うん、ありがとう物知りおじさん!で、早く教えてよ。

 

脱サラから新規就農し、ビニールハウス農業を考えるとそれなりの資金が必要になります。

土地からハウス建設、生産物の準備等々、どんなに安く見積もって数百万が必要になりますが、中々すぐに用意するのも難しいですし、農業をスタートと決心は難しいもの。

そんな農業をやりたくても資金で悩んでいる方の1つの選択肢としてビニールハウスのレンタルがあります。

表ではあまり知られていないビニールハウスのレンタルですが、どこでどうすればレンタルかスタートできるのか?知らないはずも多いのが現状です。

そこでここではビニールハウスのレンタルについて賃貸のメリットデメリットをまとめてご紹介します。

ハウス農業の選択1つとして覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク




ビニールハウスをレンタルするには?

planning-620299_960_720

ビニールハウスを建てるはわかりますがあまりイメージができないのがビニールハウスのレンタル。

レンタルの方法はテレビCMや雑誌に紹介されてない為、今現在は裏のやり方になります。

とは言っても、大きな資金が必要になるビニールハウス農業には1つの選択肢として知っておいて損はないことは事実。

そこでここではビニールハウス農業をレンタルで行う場合、どこでどのように借りることができるのか?

そのポイントをご紹介していきます。

 

その1.農業振興事務所や役所に行く

ビニールハウス農業をレンタルで行う場合、1番安全圏に攻めるなら

  • 農業振興事務所
  • 役所

へ足を運びましょう。

どちらに言ってもいいですが、

「ビニールハウス農業をレンタルで~」

とスタッフさんに伝えればとんとん拍子でその話の流れへ向かいます。

レンタルするまでの間は話す事自体も無料なのでどのような条件の元で行うのか?

1度話をしてみるのもいいでしょう。

どちらしても農業関連の場なので安心して農業をスタートできることは間違いありません。

 

その2.農家に尋ねまわる

レンタルで1番簡単に始めることができるのが農家に聞くですね。

知り合いの農家さんや廃業する農家さんに対し、農業をレンタルで行いたい旨を伝えましょう。

THE農家の人脈を使えですね(笑

タイミングがよかったり、上手くいけば意外とすぐにレンタルからスタートできるでしょう。

 

その3.ネットで募集を探す

地元だけでなくインターネットでもレンタル事業は見つける事ができます。

ヤフオクやその他の事業所など探せば探すほどただ知らないだけでビニールハウスのレンタルはいろんなところでスタートしています。

場所が離れている場合も多々ありますが引越し等も兼ねて考えてる方は1つの参考にしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク




賃貸のメリット3つ

sprouts-1384422_960_720

ビニールハウス建設の場合のメリットデメリットはなんとなくわかりますが・・・

逆にビニールハウスレンタルの場合はどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?

ビニールハウスをレンタルする前に早速、賃貸のメリットからみていきましょう。

 

その1.初期投資が安い

ビニールハウスの賃貸の1番のメリットはやはり初期投資の安さでしょう。

通常ビニールハウスを建てるとなると土地にハウス建設に作物に莫大なお金が必要になりますが、すでにこれらが存在していると話は別です。

初期投資がかなり安いですからね。

例えるなら

  1. 家を建てるか?
  2. アパート借りるか?

のようなもの。

圧倒的なコスパができるのがビニールハウス賃貸の魅力です。

 

その2.時短できる

普通ハウスを建てるとなると土地の整備にハウス建設と準備に時間がかかります。

ですが、ビニールハウスを賃貸は全てを1から用意する訳ではないので、これらの手間がない為、かなり時短でき農業スタートが可能です。

ハウスの状況にもよりますが、そのまま使う事ができれば後は作物を用意するだけ。

時短しながら効率よく進めてたいならこれ以上にいい条件はないでしょう。

 

その3.撤退しやすい

ビニールハウス農業を脱サラして起業する場合、開業資金の借金などもある為、辞めようと思っても簡単に辞めることはできません。

ですが、ビニールハウス賃貸の場合は、すぐに撤退が可能です。

ビニールハウスをレンタルする際の条件にもよりますが基本的に年更新の為、辞めたい年にあわせて撤退することが可能です。

事業が上手くいく、いかない含めて動きやすいのも賃貸のメリットの1つですね。

これも家とアパートに例えると納得です。

 

賃貸のデメリット3つ

taxes-740202_960_720

ビニールハウスの賃貸のメリットがあるということはデメリットもあるということ。

それでは早速、賃貸のデメリットからみていきましょう。

農業を始めるなら良い部分だけでなく悪い部分も含めて始める事は絶対です!

しっかりと賃貸のデメリットを頭に叩き込んでおきましょう。

 

その1.賃貸料がかかる

当たり前のことですが、賃貸料がかかるですね(笑

ハウス建設ももちろんかかりますが、ただレンタルの場合はレンタルし続ける限り、お金がかかってしまうということです。

あくまで賃貸は賃貸。

所有物にならないということを覚えておきましょう。

 

その2.修理が自己負担

ビニールハウス農業を始めるとなると必ず訪れるのがハウス修理です。

ビニールの劣化に天災など状況は様々ですが、これらの修理の自己負担は自ら行う可能性が出てきます。

レンタル契約が貸す側に負担があるなら話は別ですが・・・

この点は契約する前にチェックしておくようにしましょう。

 

その3.縛りがある

ビニールハウスレンタルをする場合、少なからず縛りがでてくる可能性が高いです。

それは

・土地の使い方であったり

・ハウスのあり方であったり

・作物の育て方であったり

・辞める時であったり

 

等、ビニールハウスが自分の所有物でない以上、貸す側の縛りの中で作物を栽培せざるを得ないでしょう。

1から始めるわけではない!からこそあるこれらの縛り。

自由なハウス農業ができるかはルールの範囲内でやらざるを得ない可能性が高いかもしれませんね。

 

まとめ

 

ビニールハウスのレンタル、賃貸のメリットデメリットについてまとめてみましたがいかがでしたか。

レンタルに関してはビニールハウス農業だけでなく普通の農業にも該当します。

どうしても大きな資金が必要な農業。

どのように進めていくのか?は個人の自由ですが1つの選択肢としてレンタルという手法を覚えておきましょう。

もちろんメリットデメリットも理解した上でです。

スポンサーリンク

 - ハウス農業