脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

脱サラ農業は失敗しやすい?後悔しない為に知っておきたいこと

      2016/12/13

crying-729439_960_720

ケロ吉
ねぇ、物知りおじさん。脱サラ農業は失敗しやすいの?
物知り
おじさん
ケロ吉、またお前は何を言い出すかと思いきや・・・鋭いところツッコんでくるな。
ケロ吉
で、どうなの?そこが知りたいんだけど。
物知り
おじさん
そうだな。では今回は脱サラ農業について語っていこう。

 

ごちゃごちゃした都会から離れ、豊かな大地でゆったりと農業。

サラリーマンであれば誰もが毎日の多忙の中、心の底で夢を描く1つではありますが・・・

ぶっちゃけた話。

脱サラして農業をする場合、現実はどうような結果が待っているのでしょうか?

脱サラし農業をして後悔、失敗しない為にも。

ここでは脱サラ農業者のその後にポイントをおいて現実的なお話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク




脱サラ農業は失敗しやすいのか?

q

まず誰もが気になる脱サラ農業者のその後について、結論から申し上げますと

脱サラ農業は失敗しやすい

になります。

誰もが憧れ夢描く都会を離れて、のんびり田舎で農業ですが、現実は厳しく。

実に脱サラを含めた新規就農者の約7割近い農家が農業で生計を立てれていません。

実家が農家ならまだしも、新規就農者が1から始めると

・農地
・機材
・資材
・苗代

 

等など莫大な初期投資が必要になります。

どんな作物を育てるかにもよりますが、どんなに安く見積もって数百万~数千万円単位。

もちろんそんな大金を手元で用意できるはずもなく、最初は借金で始める農家がほとんどです。

いざ、借金の返済にむけて農家を始めたとしてもサラリーマンの仕事と違い、現実は厳しく

・土おこし
・苗植え
・苗の成長促進
・収穫
・出荷

 

までを1人でこなす必要があります。

またこれらの一連の流れを覚え、1年目を終えたとしても来年も同じような収穫そして同じ結果になるとはいえません。

苗の成長は年単位で違い、天災等の被害もありますからサラリーマンと違い、1年、1年が勝負になります。

よくテレビや雑誌をみると脱サラし農家で年収500~1000万円とかの話を聞きますがこれは年収であって所得の話ではありません。

サラリーマンの場合は年収がほぼほぼ所得に近い数字ですが、農業の場合は年収があり、そこから経費を差し引き、所得へとかわります。

この所得を多くするには年収を大きくしかつ経費を削減する。

つまり経営者目線で農業に取り組む必要があるということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク




後悔しない為に知っておきたいこと

planning-620299_960_720

ここからは脱サラし農業を始めたい方に農業を始めて後悔、失敗しない為にも絶対おさえておいて欲しいポイントをご紹介します。

脱サラから農業へ取り組む際に、これらの項目を今1度、自分に当てはめ問いかけてみてくださいね。

 

その1.1年間食べれる収入はあるか?

脱サラから農業を始める場合、まず1番最初におさえておきたいのが貯金です。

脱サラ限らず1から農業を始める場合、まず1年めの収入は0だと思っておいた方がいいです。

サラリーマンの場合は就職した1ヵ月後に給料が振り込まれますが農業の場合は早くて1年後です!

その間の生活費はどうするのか?

を考えておかないとただただきつい生活が待っているのは言うまでもありません。

1年後の収穫までの間、バイト等で食いつなぎ生計を立てることは可能ですが簡単に言えば、これはWワークです。

農業にとことん向きあい、生計を立てる為に頑張っていきたいのであれば、1年間は食べれる貯金をもつことをおすすめします。

 

その2.なぜ農業をしたいと想うのか?

あなたが農業をしたい理由とは何でしょうか?

脱サラし農業する人により、

  • 「自由になりたいから」
  • 「実家が農業」

等、理由は様々ですがこれはこれでいいと思います。

ただ覚えておいてほしいことは、農業をやるとなるとサラリーマンのような安定性はなく、また簡単に引き返せないということです。

借金も背負いますし、また思い描いた形とはかけ離れている現実にも直面するでしょう。

だからこそなぜ農業をしたいのか?その答えにぶれない軸を持つことがとても大事であることを覚えておいてください。

 

その3.どこを目指すのか?

脱サラし農業を始めるからにはどこを目指すのか?はとても大事な項目の1つです。

  • 年収1000万円を目指す!
  • 5年後にこうなってたい!

等、人によっては目指すものが違いますが具体的に数字設定を行っていきましょう。

なんとなくではいつまでたっても生活が安定しません。

ここは具体的かつ現実的に受け止め数字を用いてゴールを固めていきましょう。

 

その4.農業で生計をたてる覚悟はあるか?

脱サラし農家をする覚悟はできても1番重要なのは生計をたてることです。

その生計を立てるまでには大きな壁がいくつも待ち受けています。

・借金
・天災
・継続

 

等など。

これからあなたが踏み出す一歩は例えるならそれは大海原に船を出すようなものです。

そして船の舵を握り、魚を探す。

それを何年も続けていく訳です。

農業は別に脱サラしなくても二足のわらじや従業員でもできる仕事です。

今1度自分に問いかけてみましょう。

 

その5.事業計画を作れるか?

脱サラし農業を始めるとなると必ず必要になってくるのが事業計画です。

一人で借金を背負いやるのもいいですが、国の補助などを受ける場合はこれらの義務は必要不可欠です。

いつまでにどのくらいの収益をあげ、どのような形になってなるのか?

始める前にだいたいでもいいのでシミュレーションを行っていきましょう。

具体的に事業計画を作ることで農業で生計が立てることの難しさがじわじわと見えてきます。

漠然と農業をするではなく、より具体的に農業をする準備を今のうちに固めていきましょう。

 

まとめ

 

脱サラ農業で失敗するかについてまとめてみましたがいかがでしょうか?

脱サラし農業で失敗する、これで1番多いのは結局のところ、考えの甘さです。

農業もですが、どんな業界であれ、職種であれ楽な仕事は存在しません。

脱サラし農業をすると決めるのであれば、経営をする!その意識をもち今一度考えていきましょう。

スポンサーリンク

 - 新規就農