脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

新規就農者の気になる年収(収入)をまとめてみた

      2016/12/13

bank-note-209104_960_720

ケロ吉
ねぇ、物知りおじさん。新規就農者の年収っていくら?
物知り
おじさん
ケロ吉。お前、まだ新規就農してないのに凄い事言い出すな。
ケロ吉
ねぇ、いいから早く収入や年収を教えてよ!
物知り
おじさん
そうだな、新規就農するとなるとやっぱり収入や年収は気になるよな。よしわかった。今日はその点について教えるからしっかり学ぶのだぞ。

 

脱サラし新規就農を目指すからには知っておきたい新規就農者の年収。

農業という業界が未知なだけに何がいくら儲かるか?全く予想がつかないのが普通ですが・・・

果たして新規就農をスタートした先輩方はいくら稼いでいるのでしょうか?

中々表では知れない、そして教えてくれない新規就農者の年収や収入。

ここでは脱サラし新規就農を考えてる方の為に。

新規就農者の気になる年収(収入)をこっそりとまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




新規就農者の年収(収入)っていくら?

copyright-389901_960_720

まず始めに脱サラし新規就農をするとして気になる農家の年収(収入)のぶっちゃけた答えは

  • 年収(収入)は約300~500万円
  • 1ヶ月で換算すると約25万~40万円

が1つの目安といえるでしょう。

もちろん上記は一般的な目安にすぎないので年収(収入)は育てる作物や地域により少なかったり多かったりします。

もうピンと来る方はお分かりかもしれませんが、新規就農者の年収や収入は

  1. 地域
  2. 作物
  3. 育てる面積

によって大きく変動するという事です。

例えば作物がじゃがいもとして農家で生計をたてると仮定するなら

  1. 地域は北海道
  2. 作物はじゃがいも
  3. 必要な面積(ヘクタール)

という流れができます。

どの作物も基本的に

グラムあたりの単価×個数

で収入が決定しますから育てる作物と面積が新規就農者限らず農家の年収(収入)を大きく分けることは間違いないでしょう。

 

農家は楽な職業ではない

money-256312_960_720

「新規就農者といわず農家ってめっちゃ儲かる」

年収(収入)だけをみるとそんなイメージがありますがぶっちゃけた話、

農家で儲かるのはごく一部の人

だけになります。

一体どういうことなのか?と言うと新規就農者の年収(収入)=手取りに直結しないからになります。

農業の年収だけをみると凄いと思いがちですが、農業をするには必ずといっていいほど経費が必要になります。

その経費の内訳は作物により変動しますが

・機材
・資材
・人経費
・光熱費

 

等、作物により変わってきますが、これらを経費を差し引いた金額が農家の本当の所得になる訳です。

例えばある農家の年収が1000万だと仮定し、簡単にですがその内訳をみてみると

年収:1000万(総支給額)

粗利:1100万(販売額から直接の製造原価を引いたもの)

経費:700万(機材や人件費等)

 

とすると

所得:400万(経費を差し引いた金額)

 

という形になります。

つまり年収をどれだけあげても経費を抑えない以上、どんなに頑張っても儲け(所得)は少ないということです。

では新規就農者が年収300万だった場合と仮定すると・・・所得はどのくらいかは見えてきますよね。

さらにココに追い討ちをかけるように台風や積雪による自然災害が発生し、作物を襲ったとしましょう。

その年の収入と莫大な経費・・・

考えただけでゾッとするのがお分かりいただけるのではないかと思います。

年収はあくまで全体の数字であり、所得はまた別ということ!

大きな数字に惑わされないように収入と所得は別であることを徹底的に覚えておきましょう。

スポンサーリンク




新規就農者の7割が生計が立てられていない

note-477449_960_720

見た目は楽に見えるが、実は厳しい仕事である農業。

新規就農者の年収や所得について触れましたが全国新規就農相談センダーの調査によると

新規就農者のうち7割が生計を立てられていない

事が分かっています。

全国新規就農相談センダーが経過年数ごとに農業だけで生計が成り立っている割合をみると

・1~2年目で約14%

・3~4年目で約32%

・5年目で約50%

 

という形になっています。

まさに農家が儲かるや楽は幻想であり、また農業は甘くないことが裏打ちされています。

ただ楽に仕事ができる、サラリーマンのストレスから開放される。

そんなイメージで新規就農を目指すと残酷すぎる辛い現実に直面する可能性があるので農業を始めたい方は短期戦ではなく、長期戦は視野に入れて新規就農することをおすすめします。

 

年収(収入)を増やすも自分次第

tes-1

新規就農者限らず、農家の年収(収入)について厳しいお話をしてきましたが、農業が儲からないわけではありません。

一般的に考え方では

グラムあたりの単価×個数

を莫大にすればするほど、稼ぐことが出来るわけですが、簡単に言ってしまえば農家の年収(収入)は

自分次第でいくらでも変えることができる

ということです。

0を増やすか減らすかも自分次第。

これが農業の魅力であり、農業と言うビジネスの魅力でもあります。

これから脱サラし、新規就農を考える場合は、何度もいいますが、

  • なぜ農家がしたいのか?
  • どのような農家になりたいのか?

を考えてみてください。

農業は経営であり、長期的なビジネスモデル。

どこに向かうのかはあなた次第です。

 

まとめ

 

新規就農者の年収(収入)についてまとめてみましたがいかがでしたか。

最後に簡単にまとめるなら新規就農者の年収(収入)は

  • 作物の単価
  • 面積

により変動するですが、新規就農当初は年収の増加は考えないほうがいいでしょう。

農業は長期的なビジネスです。

長い年月をかけ、続けていく仕事だからこそ経験値を積み上げ、工夫を凝らし儲かる農業を作るように心がけることをおすすめします。

※新規就農者には知っておいて欲しいおすすめの記事はコチラ

新規就農者が補助金150万円を受け取る為の条件を徹底まとめ

スポンサーリンク

 - 新規就農