脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

新規就農者が補助金150万円を受け取る為の条件を徹底まとめ

      2016/12/13

bank-note-209104_960_720

物知り おじさん
ケロ吉、新規就農者には年150万の補助金があることを知っているか?
ケロ吉
えっ?何それ?めっちゃ得じゃん!詳しく教えてよ。
物知り おじさん
まあいろいろと条件がある訳だが・・・今日はこの辺についておしえるからな。しっかり学ぶのだぞ!
ケロ吉
うん、お金のことは大事だから頭に叩き込むよ。

皆さんは、新規就農をするにあたり、年に150万の補助金を受け取る事ができることをご存知でしょうか?

初めての方だと

「マジか?」

と驚愕な訳ですが、この150万という補助金は誰でも手に入れることが出来る訳でもありません。

ある条件を満たせば、補助金が申請される訳ですが、脱サラし新規就農者を目指すのであれば絶対に知っておきたいポイントの1つであることは間違いないでしょう。

そこでここでは新規就農者が知っておきたい、補助金青年就農給付金についてそして補助金150万円を受け取るための条件を徹底的にまとめてみました。

スポンサーリンク




補助金が出る補助金青年就農給付金って何?

stack-of-books-1001655_960_720

まず年に150万円という補助金について

「怪しい・・・」

と思われる方もいると思うのでまずは補助金のことを詳しく説明させて頂きます。

この補助金の制度、正しくは

青年就農給付金

といいます。

2012年に農林水産省が

  • 若者の新規就農者を拡大
  • 農地の規模拡大

を促すために用意した嘘偽りのない国の制度になります。

まさに日本の農業の高齢化を改善する為に国が仕掛けた新たな制度な訳ですが、イメージとしては職業訓練校の給付金の農業バージョンと覚えておくといいでしょう。

金額は比べ物にならないほど、恐ろしくでかいですが・・・

 

タイプは2通りある

thailand-972473_960_720

脱サラし新規就農者になる方におすすめの青年就農給付金ですが、これらには主に2パターンのタイプあり、タイプにより補助金の期間も変わります。

これから脱サラし農業を考えている方は

自分がどちらのタイプに当てはまるのか?

今のうちにチェックしておきましょう。

 

その1.準備型の場合

新規就農にむけてこれから農業の研修(勉強)を受ける方におすすめなのが準備型です。

農業技術や経営ノウハウを習得しながら、最長2年間、年150万の補助金を受け取る事ができます。

イメージとしては学校コースのようなもの考えていいでしょう。

 

その2.経営開始型

農業を今から始める方や初めて間もない方におすすめなのが経営開始型です。

青年就農給付金の条件さえ通過すれば最長5年間、年150万の補助金を受け取る事ができます。

イメージとしてはサポートという感じですね。

農業が軌道にのるまでの間に給付金は発生しますが前年の所得が250万円を越えたら給付は停止します。

 

これらの補助金は準備型→経営開始型もできるので最大7年にわたり補助金が得る事が可能です!

が・・・

補助金に頼る期間が長ければ長いほど、それは儲かる農業には程遠いという事。

誰もが目指すべきは脱サラ後の儲かる農業の仕組み作りですからね。

当初の目的を忘れずに、頭に叩き込んでおきましょう。

スポンサーリンク




補助金150万を受け取る為の最低条件

img201605230831

脱サラし新規就農するなら是非とも手にしたい青年就農給付金!

新規就農者にとってはまさに救いの手ではありますが、この補助金150万円を手にするには様々な条件をクリアしなければいけません。

ここでは準備型、経営開始型において最低必要な条件をまとめていますので気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

条件その1.45歳未満であること

準備型にしても経営開始型にしても青年就農給付金を受け取るには

青年(原則18歳以上45歳未満)であること

が第1の条件となります。

そもそもの名前に「青年」が付いていますからね。

しっかり年齢をチェックしておきましょう。

 

条件その2.就農を目指すこと

青年就農給付金で約150万円を受け取る為にとても大事なポイントが

新規就農を必ず目指すこと

です。

準備型、経営開始型、どちらにしても農業を拡大する為に作られた制度です!

青年就農給付金が受け取る以上、給付金が発生し1年~2年以内に農業で生計を立てる!強い覚悟を持つようにしましょう。

 

条件その3.就農計画が基準を満たしていること

準備型と経営開始型では内容が異なります。

準備型の場合は研修がメインになりますので研修先の農家さんあっての計画になります。

逆に経営開始型の場合は農業で経営することがメインになりますので事業計画を作る必要があります。

イメージとしては

  1. 相手ありき(準備型)
  2. 自分ありき(経営開始型)

ですがどちらにしても具体的な就農計画が必要になることを覚えておきましょう。

文字で説明するのが難しいですが、どちらにしてもかなり面倒です・・・

詳しくは青年就農給付金の申請をしてみるとわかる事でしょう。

まだ農業を始めてない方は新規就農をするには具体的な計画が必要であると覚えておいてください。

 

条件その4.生活保護や求職者支援の重複がないこと

生活保護や失業保険等を受け取っている場合、青年就農給付金は受け取れません!

特に脱サラから新規就農を考える場合、この点は必ずチェックしておきましょう。

すでに失業保険の申請をしている場合、重複すると青年就農給付金の申請そのものが破棄される恐れがありますので・・・

 

条件その5.青年新規就農者ネットワークに加入すること

青年就農給付金を受け取る為には青年新規就農者と農林水産省が直接つながる青年新規就農者ネットワーク「一農(いちのう)ネット」への加入が絶対条件となります。

「一農(いちのう)ネット」に登録するにはメールアドレスが必要になりますので予め準備しておきましょう。

 

青年就農給付金で約150万の補助を手にするには最低でもこれらの条件を全てクリアする必要があります。

また上記は青年就農給付金の最低の条件を記載している分であり、準備型と経営開始型では細部で条件が異なります。

どちらにしてもザックリ言えば、新規就農者、農業拡大を目的にしているので青年就農給付金を申請する場合は

  1. 農業への強い意欲
  2. 嘘偽りない素直な姿勢

を心がけ申請手続きを進めていく事をおすすめします。

 

補助金がおりても返還しなければいけない時も

note-477449_960_720

青年就農給付金の審査が通り、年に150万円の給付がOKだったとしてもここで安心してはいけません。

場合により給付金の返還を命じられることもありますので下記のポイントは特に頭に叩き込んでおきましょう。

【準備型の場合】

・適切な研修を行っていない場合

・研修後1年以内に就農しない場合

・最低2年以上就農を継続しない場合

 

【経営開始型の場合】

・前年の所得の合計が250万円を超えた場合

・適切な就農を行っていないと市町村が判断した場合

 

です。

脱サラからガチで農業をする為に青年就農給付金に頼るのはありですが、甘えると痛い目に合うことを覚えておきましょう。

補助金はあくまで補助。

メインは生計を立て、自立する事を忘れないでくださいね。

 

まとめ

 

新規就農者が補助金150万円を受け取るための条件をまとめてみましたがいかがでしたか?

つい補助金で150万円と聞くとそこにばかり気をとられてしまいますが、軽視しがちですが条件みると簡単にはいきません。

とは言っても、ただガチで農業をしたい方にはあまり関係ないことかも知れませんね。

これから脱サラし新規就農を考えてる方は今だからこそ使えるこの制度を上手く利用しながら儲かる農業の計画を企てていきましょう

補助は一時的ですが、儲かる農業は永続的です。

それでは、今日はこの辺で。

スポンサーリンク

 - 新規就農