脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

ビニールハウスに面積はどのくらい必要?知っておきたい土地の単位

      2016/12/13

sprouts-1384422_960_720

ケロ吉
ねぇ、物知りおじさん。ビニールハウスってどのくらいの面積が必要なの?
物知り
おじさん

おっ、ケロ吉。遂に農家への道へ踏み出す気になったのか?うんうん。

ケロ吉
じゃなくて気になったから聞いてんだけど・・・でどのくらい必要なの?
物知り
おじさん
う~ん、そうだな。では今日はハウスの面積について話していくか。しっかりと覚えるのだぞ。

 

ビニールハウス農業を始めるにあたり、絶対必要なのが土地ですが場所によって土地の面積は様々です。

広い場所もあれば狭い場所もある。

土地の面積によってビニールハウスの棟数も大きく変わってきますが、ぶっちゃけた話。

ビニールハウスは1棟あたり、最低どのくらいの面積が必要になるのでしょうか?

ここではそんなビニールハウスに必要な土地の面積や脱サラし農家をするなら知っておきたい土地の単位についてまとめてみることにしました。

農業に興味がある人は必見ですよ!

それでは早速、参りましょう。

スポンサーリンク




ビニールハウスに必要な面積はどのくらい?

1-99-009_s

ビニールハウスを1棟、建てるのに必要な面積について、早速この問いの答えから申しあげますと

正直、これに正確な答えはありません(笑

ッと言うのも農業用ビニールハウスといっても育てる作物により

  • ビニールハウスの種類
  • 育てる地域によるビニールハウスのサイズが異なる

為、一概にビニールハウスに必要な面瀬はどのくらい?と問われると答えは育てる作物により1棟の面積が異なるになります。

もし育てたい作物があり、その作物に必要なビニールハウスの面積を知りたい場合は下記のサイトを参考にしてみてください。

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001074417

ここには都道府県別でビニールハウスで栽培する作物にあわせた面積の統計表が記載されていますので答えがすぐ分かると思いますので。

ここでの答えはビニール面積は育てる作物によって大きさが変動すると覚えて頂ければと思います。

それよりも大事なポイントが下記ですよ。

 

土地の単位を覚えよう

rule

農家になると必ず知り合いや先輩農家さんから

  • 「1反(たん)」
  • 「1畝(せ)」

といった言葉を聞くことが多くなります。

初めて耳にすると一体何?と疑問に思ってしまいますがこれは土地の大きさを表す「単位」のことです。

脱サラし農業を始める場合、必ず覚える必要がありますので今のうちにチェックしておきましょう。

・畝=「せ」

・反=「たん」

・町=「ちょう」

 

ですね。

上記の単位は昔小学校の算数で覚えた「㎡」等のような大きさを表す単位の農業版と考えてOKです。

ちなみに単位の大きさでいえば

・畝=小

・反=中

・町=大

 

と覚えておきましょう。

とは言っても具体的にどのくらいの㎡があるのか?気になる方もいると思うので㎡を基準として考えるのであれば

100㎡=1畝、0.1反、0.01町

1000㎡=10畝、1反、0.1町

10,000㎡=100畝、10反、1町

 

になります。

大体でもいいので頭に叩き込んでおくと農業を始める時が楽になるので覚えておいて損はないと思いますよ。

スポンサーリンク




面積の計算をシミュレーション

taxes-740202_960_720

ではここまでのまとめとして簡単な面積計算を行ってみましょう。

これからビニールハウスを建てるとして仮定してその大きさが

  • 間口=5.5m
  • 長さ=20.5m

だった場合の面積は?というと・・・

5.5m×20.5m=112.75㎡

になります。

ではこれを単位で表すとなると約1畝(せ)という形になります。

なんとなくイメージできましたでしょうか?

農業は始めるまではなんとなくで大丈夫です。

農業をはじめ体感していくとその重要さがじわじわと分かってきますので農業に興味がある方は頭の片隅にでも覚えておいてくださいね。

 

まとめ

 

今回はビニールハウスに面積についてまとめてみましたがいかがでしたか?

ここでのビニールハウスに必要な面積は作物や地域性により変動するですが、それよりも大事なことは作物を決める事です。

育てる作物により必要な土地も条件も異なりますので面積よりも何を育てるか?を決めていきましょう。

スポンサーリンク

 - 土地・農地