脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

ビニールハウスは固定資産税がかかる?不動産か動産か調べてみた

      2016/12/13

taxes-740202_960_720

ケロ吉
ねぇ、物知りおじさん、ビニールハウスって固定資産税かかるの?
物知り
おじさん
おっ!ケロ吉。お前また難しい言葉を…おじさんはただただ成長が嬉しいぞ!どれッ、今日はその件について詳しく教えてやるぞい。

  
脱サラからの新規就農者やこれからハウス農業を志す方なら知っておきたい固定資産税のこと。

これから農業で起業となると一人の経営者には変わりありません。

できれば経費も税金も安く抑えて上手にやりくりをしていきたいところですが…

ところでビニールハウスには固定資産税はかかるのでしょうか?

普通の建築物と違い、見た目が頑丈ではないですし、固定と言われるとちょっと思う方も多いことかもしれません。

そこでここではビニールハウスは固定資産税について徹底的にまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




そもそも固定資産税とは?

money-452624_960_720

ビニールハウスに税金の前にそもそも固定資産税とはどのようなものなのでしょうか?

これから農業をする人は特に知っておいて損はないと思ったので簡単にですがまとめてみることにしました。

固定資産税とは

固定資産を持つ所有者に課税される地方税

の1つになります。

固定資産が課せられる固定資産は

  • 土地
  • 家屋(一戸建て)
  • マンション、アパート

等があり、主に不動産と呼ばれるものを指します。

ただし、これらの不動産を借りている場合(賃貸など)は支払う義務はありませんので安心してください。

ただ不動産を持つ所有者は税金がかかることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

税金はどれくらいかかるの?

money-256312_960_720

固定資産をすでに持っている、またこれから持つとなるとやっぱり気になるのが税金のことですよね。

車も同じですが、正直自分の所有物に税金がかかることが自体、あまり納得できませんが、これも決まりなので仕方ないとして。

早速、固定資産税はどのくらいの税金がかかるのか?

調査したところ、固定資産税は

固定資産税の評価額×標準税率の1.4%

によって算出された金額になります。

はい?って感じですが(笑

まず固定資産税の評価額という意味から説明しますとこれは、固定資産税の評価額とは国土交通省が定めた土地の公的価格や家屋の時価を表したものを指します。

この固定資産税の評価額は3年に1度評価が見直され価値が変動します。

ちょっと専門用語が多くなると理解しくくなりますが簡単に言ってしまえば、株価のようなモノと思ってください。

景気がよければ、不景気になればってやつですね。

なんとなく理解してもらえたら嬉しく思いますが…

ただし、さらに面倒なのが最終的にこの固定資産税の評価額を決めるのは税金を徴収する市町村長になります。(笑

その為、国が固定資産税の評価額を決定しても地域の景気次第でバラツキがあることが多いでしょう。

正直この算出方法の意味では数字の算出がわかりにくく厄介ですが…

これをよりシンプルにザックリと固定資産税を

家の購入金額の7割を目安に×1.4%

が大体の固定資産税が導くことが可能です。

「土地はどうやって求めれば?」

と感じる方もいるかもしれませんが、詳しくは各市町村の役所やHPに問い合わせれば答えが出ますのでチェックしてみてくださいね。

場所により評価額は差がありますが、固定資産税の評価額×標準税率の1.4%で問題ありません。

ちなみにですが、基本的に農地は宅地と違い、土地の収益性が低いこともあり、固定資産税の評価額が低いです。

よっぽど広大な土地を持っていなければそこまで深く考える必要もないといえるでしょう。

詳しくは知りたい方は早速、各市町村の役所に問い合わせです。

スポンサーリンク




ビニールハウスは固定資産税がかかる?

sprouts-1384422_960_720

前置きが長くなり申し訳ありませんが、早速、本題に移っていきましょう!

ビニールハウスに固定資産税はかかるのか?結論からいわせてもらうとビニールハウスに

固定資産税はかからない

です。

ビニールハウスは普通の家屋と違いその構造上、仮設と捉えれる為、家屋と見なされていません。

ただし、ビニールハウスの建築上に問題があれば課税対象になることもあります。

例えば、

  • 床面をコンクリート
  • 構造強度の為の基礎工事
  • 小屋の改造

など。

ビニールハウスがビニールハウスではなく家屋レベルになれば固定資産税の対象に見なされる可能性は高くなるでしょう。

ビニールハウスのイメージはあくまでテントのようなイメージであることを頭に叩き込んでおきましょう。

 

ビニールハウスは不動産?動産?

ビニールハウスの動産のあり方ですが、農業用の場合は

動産

に入ります。

まるで遊牧民のように簡単に移動が可能ですからね。

固定資産税もかからないことも含めて建築動産と考えてOKです。

ただし、先ほど固定資産税で記載した通り、

  • 床面をコンクリート
  • 構造強度の為の基礎工事
  • 小屋の改造

等、ビニールハウスの建築上に問題があればそれは建築と見なされ不動産扱いされる可能性が高くなります。

床面にコンクリート、これってどう考えても不動産ですからね(笑

ビニールハウスで真っ当な農業を考えるなら下手に見た目はいじらないことが賢明ということを覚えておきましょう。

ビニールハウスの建築物か?については

ビニールハウスは建築物なの?知っておきたい建築基準法や定義について

に記載しておりますので気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

 

今回はビニールハウスの固定資産税についてまとめてみました。

最後に簡単にまとめると

  • ビニールハウスに固定資産税はかからない
  • ビニールハウスは動産

ですが、これらは一般的(テントっぽい)なビニールハウスのイメージがあってです。

家にしても車にしてもそうですが、ルールを破ればそれなりの処分があることを覚えておきましょう。

どこの農家よりもおしゃれなビニールハウスを!を考えている方も新規就農者もいるかもしれませんが、始まりは無難に。

そして収益が発生していけば改造を考えていけばいいのではないかと思います。

もちろんリスクも含めて。

スポンサーリンク

 - 土地・農地