脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

ビニールハウスの結露対策!今すぐできる防止策まとめ

      2016/12/13

drop-of-water-587019_960_720

物知り
おじさん
ケロ吉!ビニールハウスには結露が付くことを知ってるか?
ケロ吉
えっ、何それ?結露って何?

物知り
おじさん
…。今日は結露について説明するからな。しっかり学ぶんだぞ。
ケロ吉
何だかよくわからないけど、わかったよ。物知りおじさん。

 

季節がじわじわと冬に近づくと各地で見られるビニールハウスの結露。

ビニールハウス内面に水玉が付き、まるで中で雨が降ったかのような雰囲気になりますが…

実はこの結露、放置すればやがてカビが始まり、農作物に多大な被害を与えることがこれまでの農業被害の事例でわかっています。

大切な作物を守るためにも結露対策はハウス農家にとっては大事な仕事の1つに変わりありません。

とは言っても結露は拭く以外、対策が浮かびませんが…

果たして結露の元を断つにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは冬の季節にビニールハウスを農家を悩ませる結露を撃退するために!

ビニールハウスの結露対策をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




ビニールハウスに結露が付くのはなぜ?

stack-of-books-1001655_960_720

ビニールハウスの結露対策の前に!

まず、

「結露はなぜできるのか?」

その仕組みをチェックしていきましょう。

何事も起きる現象には原因がありますからね。

しっかり原因にあった正しい対策で根本から徹底改善していきましょう。

それでは簡単にですが、結露の仕組みをご紹介します。

ビニールハウス限らず、家の窓でみられる結露ですが、結露がは

外気と内気が触れることで起きる空気中の水

が原因で起きる現象になります。

ちょっと内容が難しいですが、ビニールハウスで例えるなら

ビニールハウス内暖かいビニールハウス外寒い水ができる

とお考えください。

窓などに息を吹き掛けるとその温度差により水分が発生しますが、原理はあれと同じです。

空気は暖かければ暖かいほど空気中に含むことができる水分量が多くなりますが、これが冷やされると水分が水滴に変わります。

つまりビニールハウスで結露ができるということはビニールハウス内にある空気中の水分が冷やされ水滴に変わっているということになります。

ではこの結露を防止する為にはどうすればいいのか?

結露の仕組みが分かったところで早速、対策をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク




ビニールハウスの結露防止策まとめ

planning-620299_960_720

ビニールハウスの結露を防止する為に為に必要なことはただ1つ。

温度差を作らない

ことにあります。

外気と内気の空気を接触させなければビニールハウス内で結露が出ることはありません。

つまり外と内と完全に遮断することが1番の結露対策といえます。

っとは言っても自然を操れない限り無理ですが(笑

ではどうやって結露を防止すればいいのか?

ここからは具体的な結露対策をご紹介します。

 

防止策その1.扇風機や換気扇を回す

冬場の結露を防ぐ対策に役立つのが

扇風機や換気扇を回す

です。

ビニールハウス内に扇風機や換気扇を設置し、空気を循環させることでハウス内に水滴が付く前に空気を吹き飛ばします。

冬場は作物により暖房が必須になりますが、一緒に併用して空気を循環させていきましょう。

扇風機や換気扇は冬の結露対策だけでなくその他に

・温度管理
・湿度管理
・病害中の防止

 

からハウスを守ってくれるとても大事なアイテムの1つです。

ビニールハウスで農業をする場合は早めに用意することをおすすめします。

 

防止策その2.カーテンやビニールを二重に

外気と内気の温度差を遮断したい方におすすめな対策が

ビニールやカーテンを二重にする

です。

家で例えるなら二重窓の効果と一緒のことをハウスでやるだけ。

たったこれだけでビニールハウスの結露を十分に押えることが可能です。

準備をするのに手間がかかりますが、結露対策には効果的な方法なので毎年結露に悩まされる方は積極的に取り入れていきましょう。

 

まとめ

 

ビニールハウスの結露対策についてまとめてみましたがいかがでしたか?

正直、ビニールハウスの結露対策は土中からの水蒸気などもあるので100%結露対策するのは難しいです。

ですが、ここで紹介した結露対策が意味がない訳でもありません!

結露対策も暑さ対策等と同じでハウスを守る為には状況に合わせた工夫が何よりも大事ということを覚えておいてください。

できるだけ結露が付かないハウスにとって心地良い環境をづくりを目指して結露対策を行っていきましょう。

スポンサーリンク

 - ハウス農業