脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

ビニールハウスに保険はある?雪や火災による倒壊時の補償を紹介!

      2016/12/13

hoken

ケロ吉
ねぇ、物知りおじさん。ビニールハウスって保険あんの?
物知り
おじさん
保険のことが知りたいのか?そうか、じゃあ今日は保険のいろはを教えるぞ。しっかりチェックしておくのだぞ。

脱サラでも新規就農でもこれからビニールハウス農業を始めるにあたって知っておきたいのがビニールハウスの保険ですよね。

ビニールハウス農業は、普通の農業と違いハウス栽培の為、このハウスが最大の要。

もし突然の

  • 火災
  • 倒壊

などの天災で大事なハウスがやられたら生産性も含め壊滅的な被害は避けられません。

被害額はおそらく数百万~数千万。

考えたらヒヤッとしますが、そんなもしもの時の事を考えるとやっぱり知っておきたいのが保険のこと。

そこでここではビニールハウスに保険はあるのか?について徹底的にまとめてみることにしました。

これからハウス農業を始めようと考えてる方は是非、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク




ビニールハウスに保険はある?

house

まずビニールハウスに保険があるのか?

について四の五の言わず、早速この結論から申しあげますと

ビニールハウスに保険はあります。

ひとまずホッと安心ですね。

ビニールハウス農業を始めるだけでも莫大がお金がかかるのに始めてすぐ天災で「さよなら」は心が折れますからね。

何かをする上で保険がある安心感は半端じゃありません!

保険があるということはさておき、気になるのはどんな保険があるのか?ということ。

早速、一般的にハウス農家さんが加入している保険をチェックしていきましょう。

 

農業共済組合(NOSAI)

農業者の災害を受けた時に損失を補てんすることができる農業共済組合(NOSAI)

国の災害対象の一環としての制度なので安心して加入することができます。

ちなみに共済掛け金の40~55%を国が負担します。

 

大手のビニールハウスメーカー

ハウスメーカーにもよりますが一部の大手ハウスメーカーではビニールハウスと損害保険をセットにして販売していたりします。

購入から建設時、3年補償保険があり、また契約の延長も可能です。

ハウスから始め、規模を拡大するなら1つの参考にしてみるのもいいかもしれません。

 

民間の損害保険会社

民間の保険会社でもビニールハウスの保険が存在します。民間の保険の為、
場所により

  1. 保険料
  2. 補償
  3. 扱い方

は違い一概にここが良いというのはありません。

もし民間で保険を考える場合は、保険会社に連絡し比較検討することをおすすめします。

 

保険はどれがいいの?

q

ビニールハウスの保険のおすすめについてですがぶっちゃけた話。

これに答えはありません。

ビニールハウスと一言でくくっても

  • 育てる場所
  • 育てる作物

は人それぞれですし、育てる規模や収入によって保険も大きく変わってきます。

どの保険がいいのかは自分の育てる作物や場所に適した保険を自分で選ぶのが1番といえるでしょう。

もちろん1つでなく、2つ、3つ加入するのもOKです。

その分お金はかかりますが、補償は手厚く行われることは間違いありません。

もしこれから先、ビニールハウスの保険を検討する場合は、それぞれの

  1. 保険を比較
  2. 農家さんに聞く

等を行い、決めることをおすすめします。

ちなみに保険料について民間の事例をあげると保険料は月2,000円~18,000円と幅が広いです。

加入する保険のプランに補償額によって保険料も大きく変わって来る事を覚えておきましょう。

分かりやすい例えでいうなら、携帯のプランと一緒です。

スポンサーリンク




天災による補償は何がある?

saigai

さてさてビニールハウスの保険がある程度分かったところで。

次は具体的な天災

  • 火災
  • 倒壊

による保険の補償はあるか、チェックしてみましょう。

家と同じで地震保険に加入してなかったから保険が出ないはさけたいですからね。

各地域の場所によって天災も異なると思いますので今のうち覚えておきましょう。

 

雪の場合

積雪の重みによりおきるビニールハウスの損壊ですが、こちらを補償する保険は存在します。

東北や北海道は、雪の被害が大きいですからね。

積雪が多い場所の方は、積雪被害の保険は加入することをおすすめします。

 

火災の補償

漏電や人為的、何らかの原因でおきる火災ですが、こちらについても補償は問題ありません。

保険を扱う会社にもよりますが、場所によってはビニールハウスを「一般物件」と引き受けているところもあります。

ビニールハウスが火災というとイメージが付きにくいですが保険に加入する時は念の為、チェックしておきましょう。

 

倒壊時の補償

強風や台風による倒壊ですが、もちろんこの補償はバッチリです。

日本は特に台風が多く、毎年被害が各地で絶えませんからね。

この保険がないと恐ろしい被害を被ることは間違いないのでビニールハウスをするなら必ず入っておくべき保険といえるでしょう。

 

ビニールハウスは保険は安泰

cropped-nogyo-2.jpg

ビニールハウスの保険をさらに深堀するとその他の天災として

  • 水災
  • 落雷
  • 地震

等。

一般的な家と変わらないほど手厚い補償がビニールハウスがあることがわかりました。

ビニールハウス農業で1番困る天災について保険がない!ということはまずないと思っていいでしょう。

 

保険は絶対かけておくべき

脱サラ、新規就農関係なく、ビニールハウス農業を始めるならビニールハウスの保険は

必ずかける

ことをおすすめします。

保険と聞くと

「お金がもったいない、無駄」

なイメージですが、そんなの関係なくかけるべきです。

なぜなら日本全国では年間2万件もの農家が台風や積雪により被害にあっている事実があるのですから。

どれだけ日本が天災に見舞われているのか?

数字が答えを出しています。

天災にあえば、その時に被害額は確実に数百万円はくだらないでしょう。

保険をかけてなかったでは、すまされない残酷な現実。

例えるならそれは飲酒運転や不慮の事故と一緒です!

これからビニールハウスを農業を考えるならもしもの時を考えた上で保険のことも必ず視野に入れておきましょう。

 

まとめ

 

ビニールハウスの保険については以上になります。

最後に簡単にまとめるなら

 

  • ビニールハウスは保険がある
  • 保険は必ず加入すべき

 

ですね。

保険は被害があって始めてその効果を発揮します。

その効果がいつ発揮されるかは分かりませんし、できれば来ないが1番です。

ただこれから農業の道へ進むとなると必ず訪れるリスクの1つであることはかわりありません。

保険でかえる安心感を手に農業に専念していきましょう。

ちなみに僕は保険の営業マンではありません(笑

スポンサーリンク

 - ハウス農業