脱サラから新規就農!失敗しない儲かる農業の作り方

脱サラして農業を始めるならココ! 新規就農の流れに農業の種類や始め方まで。 失敗しない儲かる農業の作り方をまとめてご紹介します。

脱サラして農業をしたいけど資金はいくら必要なの?

      2016/12/13

cashbox-1642989_960_720

ケロ吉
ねぇ、物知りおじさん。脱サラして農業をするとしたら資金はどのくらいいるの?
物知り おじさん
ケロ吉!脱サラってお前、サラリーマンじゃないだろ?
ケロ吉
ただ気になっただけ!で資金はいくら必要なの?
物知り おじさん
ケロ吉・・・。そうだな、今日は脱サラからの農業を考えてる方の為にその件について語っていこう。

ごちゃごちゃした都会を抜け出し、憧れの田舎でのんびり農業。

男性でサラリーマンなら誰もが1度は夢見る世界ではありますが・・・

現実的に脱サラし農業をするとなると

資金はいくら必要なのでしょうか?

農業と一言で言っても生計を立てていく以上は会社と同じく資金が必要なはず。

そこでここでは脱サラし農業を考えてる方の為に脱サラから農業をする為の資金についてまとめてご紹介します。

※脱サラ後、起業の意味でお話します。

スポンサーリンク




脱サラ農業の資金について

taxes-740202_960_720

それでは早速、脱サラし農業をする場合、資金はいくら必要なのか?

この問いについて結論から申し上げますと農地があれば

資金はあっても、なくてもいい

になります。

一体どういうことなのか?というと1から独立をするとすればそれこそ資金は持っておいた方がいいですが、正直、資金を全て用意する事自体、難しいです。

脱サラし農業を1からする場合、

  1. 土地
  2. 育てる作物

によって資金は大きく変わってきます。

生計を立てるための資金を用意するとなると土地の規模と農作物で資金も変動するので一概に答えが出せません。

もしそれでも具体的な資金が知りたいのであれば、農業で生計を立てる上での資金は、安く見積もっても最低数百万円はかかってくると考えておいた方がいいでしょう。

そんな大金を持っているのであれば、問題ありませんが・・・

ただ脱サラも含めたほとんど新規就農者が、まず借金を背負ってスタートします。

そこから数年後、また数十年後の返済に向け農業を進めていく。

これが一般的な脱サラからの農業の流れとなっています。

始めは借り入れの審査なども含めて結構大変ですが、ただ昔と比べ現在は国内自給率が大きく低下したこともあり、国が農業を補助をし、またその他の組織のサポートしている為、新規就農者は借金がしやすくなっているのも事実です。

そういったサポートがあるおかげで、資金がなくても脱サラし起業し農業ができますが、その分最初のうちは借金からのスタートであることを覚えておきましょう。

そしてこれらの

借金を何年単位で返していくか?

始まりは大変ですが、計画的に返済できるようになれば借金も消え少しずつ豊かな暮らしが近づいてくることは間違いありません。

では農業で資金が具体的にいくら必要なのか?という点において露地栽培とハウス栽培の資金をチェックしていきましょう。

 

露地栽培の場合

sprouts-1384422_960_720

畑や土を利用して作物を育てる露地栽培。

こちらの資金は

最低でも500万~

必要です。

ただ農作物や規模にもより、これ以上の資金は普通に必要になる可能性は高いです。

トラクターにその他の農機具、これらを1から揃えるだけでかなりの初期投資が必要になることは言うまでもありません。

ちなみに広大な田んぼで1から米などの作物を育てるとなると資金だけで数千万円は軽くくだらないことも。

【露地栽培の主に費用】

・農機具
・苗代
・肥料
・除草剤
・資材
・その他

 

ハウス栽培の場合

1-99-009_s

ビニールハウスを使い人工的に作物を育てるハウス栽培。

こちらの資金は

最低でも500万~

必要です。

こちらも露地栽培と同じく、生計を立てる上では上記の金額は普通に必要になってきます。

またハウス栽培の場合は、育てる農作物にもよりますが、維持費(電気代、ビニール代)などが育て続ける限りかかってきます。

農業の中でも小規模向きではありますが、小規模で行うからこそそれなりのリスクがあることを覚えておきましょう。

【ハウス栽培の主な費用】

・ビニールハウス
・農機具
・暖房器具
・肥料
・除草剤
・苗代
・資材
・その他

 

スポンサーリンク




最低1年分の生活費はあった方がいい

paper-606649_960_720

脱サラし農業をする場合、露地栽培、ハウス栽培であっても農地があれば資金は0からでも可能ですが・・・

ただ最低でも1年分の生活費は用意しておいたほうがいいです。

なぜなら脱サラから農業スタート後の1年目はほとんど収入になりません!

米を例にすると分かると思いますが、収穫は秋のみで後は準備期間です。

これと同じ流れで脱サラし農業を1からスタートするとなるとザックリですが、

土おこし→苗植え→手入れ→収穫→出荷

 

のような順序が待っています。

つまりこの期間は全くといって収入が発生しないただ働き期間となります。

そんな期間をどう乗り切るかは、新規就農者によってはバイトなどで生計を立てている方も多くいますが、1年目は特に生活がきつい事は言うまでもありません。

その為、脱サラし農業をする場合、1年目は無収入を覚悟しそのための1年食べていけるだけの生活費を用意しておく事をおすすめします。

1年、この1年を乗り越えるのが脱サラし農業をスタートした最初の試練と覚えておきましょう。

 

まとめ

 

今回は脱サラし農業を始める為の資金についてまとめてみました。

最後に復習として簡単にまとめますと農業は

  • 資金はなくてもできるが、あった方がよい
  • 1年分の生活費はあった方がよい

になります。

農業はとにかく初期投資が恐ろしく馬鹿高いです。

これらの初期投資をペイできれば少しずつゆとりが生まれますが、それが来るのも数年先~十年先の話になることがほとんどです。

これから脱サラし農業を考えるのであれば、農業の会社に転職という選択も1つ視野にいれ今1度考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

 - 新規就農